あなたは大丈夫?なぜかお金が貯まらない人の習慣と対策

(写真=Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)

普通に仕事をしていて、それほど贅沢もしていないのに、なぜか給料日前になるとお金が残らない……貯金もまったく増えていかない…。そういう人にはいくつか共通する習慣があるようです。自分が当てはまっていないか、確認してみましょう。

習慣1. やるべきことを後回しにしてしまう

仕事やメールの返信、部屋の片付けなど、やるべきことを後回しにしがちな人は、もしかしたらそれが原因で、無駄な買い物が増えているかもしれません。

朝食に何を食べるか、会社に何を着て行くか、どの仕事から始めるか、など、諸説ありますが、人は1日の中で、数百?数千回もの決断をしていることがわかっています。そして、決断の回数が増えすぎると、「決断疲れ」が起こり、冷静な判断ができなくなります。その典型例が、必要無いものを買うという決断、つまり衝動買いです。

後回し癖がある人に共通するのは、「頼まれていた仕事やらないと」や、「今日こそ部屋を片付けなくちゃ」など、同じことを何度も思い出し、ストレスのかかる決断の機会を自ら増やしていることです。結果、夜には疲れ果て、スーパーやコンビニで余計な買い物をしてしまいます。

仕事に優先順位をつけることも大切ですが、優先順位のせいで細かい作業が後回しになる人は、一度思いついたものから終わらせるようにしてみましょう。「これを放置したら、また思い出してストレスになる」ということを知っていれば、早めにやってしまおうと思えるはずです。

習慣2. 夜更かし

もし慢性的に6時間未満しか眠れていなければ、無駄遣いは睡眠不足のせいかもしれません。

人は、睡眠が不足すると、グルコースという体と脳の主要なエネルギーをうまく使えなくなると言います。通常エネルギーが不足すると、糖分やカフェイン摂取で補うのですが、睡眠不足だといくら摂取してもそれらをエネルギー変換できなくなるようです。

甘いお菓子や何杯も飲むコーヒーはもちろん無駄遣いですが、さらに問題なのが、エネルギーが不足すると、ストレスの管理や理性的な判断ができなくなってしまうことです。結果、感情をコントロールしたり、集中してなにかに取り組むことが難しくなり、あらゆる誘惑に負けやすくなってしまいます。

睡眠不足によるエネルギー不足を解消する方法はいくつかあります。例えば、平日が忙しければ、週末に多めに眠る、休憩時間に少し仮眠するだけでも効果があります。しかし、だらだら夜更かしせずに早く眠ることが、結局は一番の対策になります。

習慣3. テレビやネットでニュースをだらだら見る

テレビは私たちを憂鬱にさせるニュースで溢れています。特に深夜、暗いニュースを見たり読んだりすると、人は、日常ではあまり意識することのない「死」を身近に感じてしまいます。自分はいつか死ぬのだと思うたび、私たちの脳は、それに気づくかどうかはともかく、軽い混乱状態になります。これは心理学では「恐怖管理」と呼ばれる現象です。

この恐怖を感じている状態では、人はそれを打ち消すために、あらゆる誘惑に負けやすくなります。タバコ、お酒などで不安を打ち消そうとし、チョコレートやスイーツで安心感を得ようとします。また、高級時計やブランド品などで、少しでも自分を強く見せようとします。故意か偶然かはわかりませんが、これらの品物のCMが、ニュースの間によく流れているのも事実です。

行ったことのない土地の事故や、海の向こうのセレブのスキャンダルが、自分に必要ないのであれば、一度ニュースから離れてみましょう。また、どうしても見る必要がある時は、自分が何に安心感を求めているのか観察してみましょう。

やるべきことをテキパキこなし、テレビやネットをだらだら見ず、早寝早起きをする。いかにも貯金できていそうなビジネスマン像が浮かびます。貯金していそうなビジネスマンに上の3つの習慣がないのか、悪い習慣が無いからお金を貯めれるのか、どちらかは不明です。今回挙げた3つの対策は、今日からできるものばかりです。是非、どれか1つ、試してみてください。

とはいえ、分かっていてもなかなか自分の行動を変えられない人も多いと思います。すぐに行動に移せる人と、そうでない人の違いは一体どこにあるのでしょうか、、、 (続きは以下のebookでお読み頂けます)

>> お金を増やせる人の7つの特徴とは?