一番リターンが確実で大事な投資とは何?それは「自己投資」

young
(写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)

公的年金などに不安を持つ人が多い現代において、人生設計には「投資」という視点が大切だといわれています。しかし投資といっても一体何から始めればいいのか、一般の人は迷うことも多いはずです。

今回は投資のなかでも大切な投資といえる「自己投資」について紹介します。

正しい判断力を培う「自己投資」

なぜ「自己投資」が大切になるかといえば、株、不動産、FXなどの投資をする際はもちろん、転職、起業などの人生の大きな挑戦をする際に「正しい判断」ができる能力を身につけておくことが大切だからです。

どの株や不動産を、どのタイミングで買うか。どの会社にいつ転職するか。自分の会社を作るなら、いつ、どうやって事業化するか。このような大事な局面では判断力が問われることが多いからです。

「正しい判断」をするためには知識と経験が必要です。経験はある程度の時間とチャンスが必要になりますが、知識は努力によって比較的簡単に身につけることができます。

「自己投資」とは具体的に何?

それでは「自己投資」とは、いったいどんなことを指すのでしょう。具体的に考えてみましょう。

技術を身につける

英語等の語学習得、会計や法律などの各種資格、PC、プレゼンテーションなどの技術取得です。

大切なのは自分の目標に合致しているかどうかです。友人がやっているから、流行しているからではなく、自分にとって必要なスキルを高めていくことは、強い武器となります。

体を鍛えて健康を保つ

ジムに通う、テニスやサッカーなどのサークルへの参加、食事管理などです。

仕事を成功させるためにも、人生を楽しむためも健康が一番です。体を鍛えることで、自信が持てる、活動範囲が広がる、判断力が優れるなど、副次的なメリットがあります。

好印象を与える見た目をつくる

ファッション、時計、カバン、化粧品、エステなどを吟味することです。

外見を磨くという考え方も大切です。なぜなら、第一印象など見た目が及ぼす影響が大きいからです。

経験を広げる

海外への留学旅行、異業種交流会への参加がこれに当たります。

違う文化の世界に触れてみる、違う体験を持つ人と話をするなど、実体験の効果は絶大です。インターネットで検索するだけでなく、自分自身の五感を使って、体験することは大切です。

知識を習得する

読書、映画、ブログなどからインプットすることです。

本を読むことは、知識の習得に役立ちます。また最近ではインターネットでさまざまな人の意見や情報を手にいれることができます。

若い人ほど「自己投資」の効果は大きい?

若い時こそ、自分に投資すべきだといわれます。筆者は50代でファイナンシャルプランナーの資格を取りましたが、これはすべての人が社会人になるときに身につけるべき知識だと思いました。

なぜならば「ファイナンシャル」の知識は、余裕のある人生を送るための基礎になると思うからです。特に初級は短い時間で基礎知識を身につけられるので、医者を目指そうと、デザイナーを目指そうと、職種に関わらず役に立つ知識です。

また、若いうちなら失敗しても軌道修正が可能です。「苦労は買ってでもしろ」ということわざがありますが、20代で経験したことはその後の人生の大きな資産になります。早めに自己投資をして、真剣に何かに取り組むことで、自分の進むべき道を見つけることもできます。

「もっと若いうちにやっておけばよかった」と後悔しないように、積極的に取り組みましょう。

特に読書は数千円で手に入る「先人の知識の宝庫」

「自己投資」のなかでも特に読書は手軽なうえ、安い費用でたくさんの情報が手に入ります。先人たちの培ってきた知識も、簡単に手にいれることができます。また出版されるまでに、さまざまな人の手によって確認されるので、インターネットで手に入る情報より正確な場合が多いです。

大切なのは、自分の興味のあることだけではなく幅広い分野の本に触れることです。そのためにも図書館や本屋では、いつも自分が行かないコーナーにも立ち寄ってみましょう。信頼できる先輩や友人にお勧めの本を聞いてみるのもいい方法です。たくさんの情報を手に入れることで、正しい情報を見抜くことができます。

収入の1割は自己投資に使ってみよう

限られた収入のなかから自己投資の費用を捻出することは難しいと思われがちですが、自分の成長にとって大切なことです。たとえば資格取得の学校に通うにしても、書籍を買って読書をするにしても、人が用意してくれたものより、自分が費用を支払ったものの方が人間は真剣になるものです。

自分でお金を払っていないと「絶対に受かってみせる」という気持ちや「読んだ知識は身につけよう」という意欲がわいてこないものです。この意識を変えるために「投資」すべきではないでしょうか。

それでは、どのくらいの費用を用意すべきでしょうか。あまり無理をすれば続けられませんし、少なすぎるとできることが限られます。とりあえずは収入の1割を用意してみましょう。

充実した自己投資ができて、成果を感じられるようになると、もっと自己投資をしたくなる可能性もあります。その際は、自分のなかで優先順位が変わってくるかもしれません。お金の使い方を見直して、可能な限り自己投資に回せるようにしていきましょう。まずは一定の割合で、自分の興味があること、必要性を感じることに、予算をとる習慣を作ることから始めてみましょう。

>> 【開催間近】「これから始めるお金の運用術セミナー」プロの講師が徹底的に解説

【オススメ記事】
老後に1億円必要って本当? 生活に必要な額をためる方法
30代既婚者は語る。20代、結婚前に資産運用をはじめるべき理由
知っておこう!結婚後にかかる費用アレコレと対策
不動産投資は「節税」になる! お金持ちほど不動産投資をするこれだけの理由
不動産投資って年金の代わりになるって聞くけど、どういう意味??