<オーナー様インタビュー>潜在的なニーズを汲み取る提案力。複数社との比較検討から不動産投資を始める。貿易関係勤務 中本里

woman

インタビュアー:Idealink株式会社 鈴木峻太
日本ワークス担当:山岸美優

貿易関係の仕事に就く中本様。 自社株を持ち始めたことや経営者の方々からの刺激を受け、3、4年ほど前から資産運用の勉強に取り組む。様々な企業から資料請求を行い、面談を重ね、比較検討し、日本ワークスにて不動産投資を2017年夏より始めた。 本業以外で、社会に貢献をしたいという想いや女性ならではの投資への考え方を伺った。

最もお客様の立場を想い、提案を頂けた

鈴木:中本さん、宜しくお願い致します。不動産投資に対する女性のご意見ぜひ伺いたいです。まずは不動産投資に興味を持ち始めた理由を教えてください。

中本氏:そもそも投資に関して学生時代は特に興味がなかったのですが、社会人になり自社株を保有したり、一般的な投資信託を始めていく中で少しずつ興味が膨らみました。
また、異業種交流会などで、経営者や個人事業主の方と会う機会が増え、一般の会社員ではない働き方をしている人と接する中で、副業などを通して社会との繋がりが欲しいと思い始めました。
引越しが多かったので、割と物件を見るのが好きということもあり、数ある投資の中でも不動産投資に関心を寄せていたのかなと思います。

鈴木:20代前半から投資に興味を持つ女性は珍しいなという印象です。山岸さんは、今の会社に勤めていなかったら投資の勉強をしていましたか?

山岸:いや、全くしていないと思いますよ。(笑) だから中本さんは凄いです。
でも昨年の夏頃から女性の方のお問い合わせが増えている感じがしますね。

鈴木:時代の変化を感じますね。日本ワークスさんを知ったきっかけはなんでしょうか?

中本氏:不動産投資を勉強している時期に、一括で複数社から資料請求を行い、その中の1社が日本ワークスさんです。
日本ワークスさん以外に、5社くらいの方とお会いし、物件の紹介を受けたのですが、最もお客様の立場を想い、提案を頂けた企業であり、一番自然体で相談できたのが日本ワークスさんでした。
様々な提案をしてくださる中で、私も要求が強くなりましたが、丁寧に対応を頂けました。

山岸:嬉しいですね。ありがとうございます!!中本さんのご要望やこれまで居住した地域、既知である地域から物件を探した結果、世田谷区の物件を提案しました。実際にご覧になり気に入って頂けてよかったです。

中本氏:物件も決め手の一つではありますが、私の潜在的なニーズを汲み取り、親身になって提案を頂けたので山岸さんを始め、日本ワークスさんのことを信頼することができました。

自分の社会的信用を活かす投資

鈴木:ご友人の間では、投資の話はされますか?

中本氏:そうですね。私の世代だと、女子会で結婚の話題がかなり多く、結婚相手の経済力の話も出てきます。そこから自分が今やっている資産運用の話に繋がり、具体的に話すこともあります。iDeCoやっている?とか話題になりますよ(笑)

鈴木:男性の経済力には頼っていられないということですね。(笑) 今後ワンルームマンション以外の投資は考えていますか?

中本氏:自分の投資によって、直接的に社会に貢献ができていることに興味があるので、海外の事業投資や社債を購入したりしていますね。
否定をするわけではありませんが、私の中ではFXや仮想通貨などはそういった理由であまり関心が及ばないです。

鈴木:不動産投資は短期的に収益を得たいという考え方や老後の収入を求める長期的な投資といった考え方など様々あるかと思います。中本さんはどのような目的で始めましたか?

中本氏:日本で不動産投資を行うのであれば、ローンを借りて行うことになるので、若いときに始めたほうがいいとわかってきました。
なるべく早く始め、目先の利益ではなく、長期的視野で行おうと思いました。
ある程度社会的信用がある企業に勤めているので、融資も組みやすいのかなと。

山岸:そうですね。銀行からの借り入れも比較的低い金利でスムーズに行えましたね。

ライフステージの悩みを共有できるので有難い

鈴木:ご購入後のフォローの部分はどうですか?

中本氏:事務手続きの部分は全て行って頂けたので助かりました。
購入後も月に1回くらいのペースで会っています。単純にお客という関係ではなく、飲み友達として気が合うので。(笑)

山岸:余談ですが、先日も二人でワイン5本くらい開けちゃいました。

鈴木:いろんな意味で信頼関係があるってことですね。

中本氏:不動産投資って20年、30年と長い付き合いになりますので、信頼関係を構築できないと厳しいですよね。
他社は男性の営業マンが多かったのですが、今思うと、ライフステージ毎の悩みも共通することが多くなるので女性の方でよかったです。

山岸:私が言うのもなんですが、気を遣わずにお話しすることができますし、一緒にゴルフなども行かせてもらえており、楽しい時間を過ごしております。

鈴木:御社はお客様との関係構築が非常に上手な印象があります。今後の不動産投資のビジョンをお聞かせください。

中本氏:今、もう一件申し込みをしている最中です。(2018年4月末現在)
地震で崩壊するとか、事故物件になるとか、自分が想定している価値より低くなる可能性はあるので、不安は多少ありますが、それも含めて責任が取れる範囲で考えており、3件程度は保有していきたいなと思っています。

鈴木:最後に不動産投資を始めようか迷っている方に一言お願いします。

中本氏:自分で勉強するのも大事ですが、日本ワークスさんなら疑問についてしっかり答えてくれるのでとても安心感があります。
なので、一回話を聞いてから判断しても遅くはないのかな。
頭ごなしに「ちょっと怖い」と考えるのではなく、自分で見て聞いて判断する方が人生楽しいのではないかなーって。決断力がない男性は嫌ですね。(笑)

鈴木:頼もしいですね。(笑)

【オススメ記事】
老後に1億円必要って本当? 生活に必要な額をためる方法
30代既婚者は語る。20代、結婚前に資産運用をはじめるべき理由
知っておこう!結婚後にかかる費用アレコレと対策
不動産投資は「節税」になる! お金持ちほど不動産投資をするこれだけの理由
不動産投資って年金の代わりになるって聞くけど、どういう意味??