仮想通貨で稼げるのは値上がり益だけではない?仮想通貨のマイニングとは

(写真=Phongphan/Shutterstock.com)

仮想通貨で大きな利益を上げた人の話やビットコインの高騰といったニュースを聞くたびに、「仮想通貨は儲かる」というイメージをお持ちの方は多いと思います。
しかし新しく生まれたものだけに、大儲けのチャンスがある一方でリスクが高いということも忘れてはいけません。

仮想通貨で利益を上げる方法として「キャピタルゲイン(値上がり益)」ばかりに注目が集まっていますが、仮想通貨で利益を上げる方法は他にもあります。
そのひとつに、仮想通貨の運営そのものに関わることで報酬が得られる「マイニング」があります。ここでは、仮想通貨のマイニングについて解説していきます。

仮想通貨で利益を上げる3つの主な方法

仮想通貨で利益を上げる主な3つの方法を整理しておきましょう。

キャピタルゲイン

仮想通貨の売買によって価格差を利益につなげる方法です。ビットコインの高騰に象徴されるように、多くの方が想像されている方法だと思います。

貸付、配当型ウォレット

一部の仮想通貨取引会社では保有している仮想通貨を貸し付けると、利息がもらえるサービスがあります。その他にも仮想通貨を保管する仕組みであるウォレットの中には、そのウォレットに保管しておくことで配当がもらえるサービスもあります。キャピタルゲインに対してこちらはインカムゲインです。

マイニング

仮想通貨はブロックチェーンというネットワーク上に存在する資産です。そのブロックチェーンに参加して仮想通貨取引の台帳記録に協力することで報酬がもらえる仕組みがあります。これをマイニングといい、キャピタルでもインカムでもない仮想通貨独特の利益システムです。

マイニングの基本と報酬が発生する仕組み

それではマイニングについてもう少し詳しく解説しましょう。仮想通貨はブロックチェーンという分散型ネットワークによって支えられており、このブロックチェーンがあるおかげで改ざんや不正行為が防止され、仮想通貨の財産的な価値が守られています。

このブロックチェーンには誰でも参加することができて、そこで発生した仮想通貨の決済や譲渡などの台帳記録を最初に記録した人には仮想通貨による報酬が支払われます。つまり、仮想通貨の分野において、値上がり益を狙う以外にも、この台帳記録という「実業」によって稼ぐことができるのです。

マイニングを取り巻く状況

では、今から個人でマイニングに取り組んだとしたら、稼ぐことはできるでしょうか。

実は、昨今のビットコインの高騰など仮想通貨の価値が高くなるにつれて、マイニングが注目されたことで、既に個人だけでなく企業もマイニングに参入しているのです。
報酬が得られるのは最初に台帳記録をした人だけですので、この「最初」を獲得するためのスピード競争が起こり、高速マシンやマイニング専用機の開発、さらには大規模なデータセンターを設置して高速処理を行うマイニングファームなども登場しました。
その結果、個人では企業に太刀打ちできず、ビットコインなど有名な仮想通貨でマイニング報酬を得るのは難しいと言われています。

また、マイニングの最大のネックが電気代です。ハイスペックのマイニング機を24時間稼働させることになるため電力消費が大きく赤字になってしまうケースが多いのです。
すでにマイニング業者は電気代の安い国や、寒冷地など冷却コストがあまりかからない地域にマイニングファームを設置するなど国境を越えた競争に発展しており、個人が使わなくなったパソコンで参入するといった牧歌的な時代は過去のものとなったのです。

もう個人がマイニングで稼ぐのは不可能?

すでに有力な業者同士による「空中戦」の様相を呈しているマイニングですが、個人マイナー(マイニングに参加する人)にチャンスがなくなったわけではありません。

個人マイナーが参加できるとしたらマイニングプールがいいでしょう。個人など小規模なマイナーが処理能力という資源を持ち寄り、その集合体でマイニングを行います。そこで得られたマイニング収益は拠出している処理能力に応じて分配されるという仕組みです。

すでに多くのマイニングプール業者が乱立しているため選ぶのが大変だという声も聞かれますが、個人がこれからマイニングで仮想通貨を稼ぎたいという場合には、これがもっとも現実味のある選択肢と言えるでしょう。

【オススメ記事】
副業している人の割合は?収入は?実態を知ろう
自分の力で稼ぐ!会社員におすすめの副業のやり方は?
サラリーマンが副業で資産運用するなら?考え方と注意点まとめ
貯金の目的「なし」はNG?今こそ考えたい人生の目標
老後に備えた現実的な貯蓄方法とは?預金・保険・資産運用