ルールは変わった?仕事との付き合い方

(写真=Mohd KhairilX/Shutterstock.com)

「一昔前の日本は終身雇用が当たり前だった。」そんな話を聞いたことがある方もいると思います。入社すれば会社が一生面倒を見てくれ、ある年月を過ぎれば、社内の1つ上のポジションへと進んでいく。年功序列も当たり前、「島耕作」のような典型的な出世物語が支持された時代です。

しかし近年では、大企業の経営破綻に始まり、終身雇用を維持できるのは財務体質に優れた優良な企業に限られ、企業に依存した働き方はリスクそのものになりました。そんな中、多くのビジネスパーソンにとって、「投資」の考え方が重要になっているのです。

企業と個人はお互いに投資し合う関係に

「企業と個人は対等な関係にある」……こんな言葉を聞くと、やや違和感を感じるかもしれません。もちろん、就業規則上どちらの立場からも、「企業が優位だ」「個人が優位だ」という声が聞こえてきそうです。ただこれが意味することは、どちらも選び選ばれの関係になった、ということです。

世界的に人材の流動性が高まる中、企業は優秀な人材を確保するために、「個人がその企業に入ることのメリット」を増やすため最大限努力をするようになりました。魅力的な給与所得はもとより、若くして事業を任せる社風、海外赴任のオポチュニティ、社内研修や教育制度など、個人への投資額を高めています。そうまでして雇いたいのは、あらゆる業種業界で優秀な個人が短期間でもそれ以上のリターンを稼ぐビジネス環境になっているからです。

一方の個人も、「個人としての市場価値の向上」を求めると同時に、環境変化に適応するための絶えざる自己成長と成果創出が求められ、常に自己投資(研鑽)をし続けることが必要になりました。成長が止まった個人は企業からするとやがて投資価値が無くなり、当然ながら会社にとってはいらない人材と判断されてしまいます。逆に企業も、個人にとっての成長環境や金銭的メリットが相対的に低ければ、辞められてしまうリスクがあります。まさに、「対等な関係」になってきているのです。

このような環境下で、どうやって自分に「投資」をしてくれるか、という考え方を持って企業を選び、また企業に選ばれ続けるために自己投資を続けられるかが仕事で成功するためのルールとなりました。これを20代の早いタイミングで気付き、必要な自己投資のアクションが取れるかどうかが大切だと言えそうです。逆に、若いうちから自己投資に励み続けることで、30代以降での選択の自由は広がり、優位な立場で企業を選ぶことも可能になるのではないでしょうか。

経験という「自己投資」を通じて自分を磨く

ひとことに「自己投資」といっても、多くの選択肢があります。スクールに通い専門性を磨く、スキルを高める、留学するなど、そんなイメージが先行する人が多いかもしれません。ただ、このような限定的かつ目的的な自己投資以外に幅を広げれば、若いうちにできる一つひとつの経験全てが、自己投資であると考えられます。その幅を最大限広げることが、30代になっても引き続き新しい経験に向けたチャレンジに対して臆せず、自己成長が続く魅力的な人材になりえるのではないでしょうか。遊び、旅行、高い買い物、仕事での新しいチャレンジ、転職、引っ越しや転勤など、その全ての経験が自分の視野を広げる立派な自己投資なのです。

ただそんな中で、一つ経験したい分野が、株や債券、不動産投資など、いわゆる「投資」という経験です。基本的には、学生時代のアルバイトをはじめ、働くことでお金を稼ぐでしょう。

ただ、つい数年前にブームを巻き起こしたトマ・ピケティも言うように、「労働所得」より「資本(投資)所得」の伸び率が上回る経済状況です。「お金を使って、お金を稼ぐ」投資を経験しないことには、そもそもの稼ぐ手段が限定され、また資本(投資)によってリターンを得る企業との上手な付き合い方は本当の意味で理解できないのです。

自分の人生を他人任せにしない

自己投資を意識することは、頭ではわかっていても、なかなか行動に移せない人も多いでしょう。しかし、後回しにすればするほどリスクは高まっていきます。いきなり全部やろうとするのではなく、小さなことからでもいいので自己投資を始めてみましょう。

毎月3冊ビジネス書を買って読む。これも立派な自己投資です。自分の人生を他人任せにすることなく、きちんと向き合って行動していく先に明るい未来は待っています。

【eBook無料プレゼント】20代で始めるお金の運用術

目次

1. お金に働いてもらう発想をもとう
2. お金の運用手段とメリット/デメリット
(FX、株、投資信託、不動産投資)
3. 不動産投資の基礎知識
4. 不動産投資 成功のポイント
5. 20代不動産投資家の体験談

>>【無料】今すぐダウンロード



【オススメ記事】
老後に1億円必要って本当? 生活に必要な額をためる方法
知っておこう!結婚後にかかる費用アレコレと対策
不動産投資は「節税」になる! お金持ちほど不動産投資をするこれだけの理由
不動産投資って年金の代わりになるって聞くけど、どういう意味??