20代で経済的自由が欲しければ、次の3つから方法を選ぼう

(写真=Sunny studio/Shutterstock.com)

会社員として収入もそれなりにあって、飲み会や趣味への支出はある程度かけても問題なし。今後も昇給するだろうから、きっと経済的に困ることはないだろう。

若くして稼ぎがある人ほど、そうした考えを持つ傾向にあります。たしかに、自由に使えるお金が年々増えていくことで、経済的な自由を得ている実感は湧くでしょう。ただし、もし事故や病気で働けない状態になったら、収入は止まり、すぐに経済的に困った状態になってしまいます。つまり、あくまで労働が前提の経済状態であり、本質的な経済的自由を得られているわけではないのです。

長い人生のなかには、いつ、なにが起こるかわからないというリスクがあります。仮に働けなくなっても経済的に困ることがないよう、20代のうちから経済的自由を得るために行動しましょう。

経済的自由とは

経済的自由と聞くと、一般的には「お金に不自由することなく、好きなようにお金を使える状態」をイメージしますが、今回は「不労所得で生活できる状態」という意味合いで説明します。

不労所得とは文字通り、それを得るために労働をする必要のない所得のことです。つまりもしも働けない状態なったとしても、所得が続くのです。

働かずに収入を得ている人の例として、預貯金などの利子所得だけで生活している資産家や年金暮らしの人がいます。ただ資産家でもなく、お年寄りでもない20代にとっては関係のない話です。

また、利子収入や年金があったとしても、それ以上に生活費がかかるなら預貯金を取り崩さなければいけません。経済的自由は不労所得が生活費を上回って初めて手に入るものなのです。経済的自由を手に入れられるくらいの不労所得とは、一体どんなものなのでしょうか。

経済的自由を獲得するための3つの方法

20代でしっかりとした不労所得を得る方法は、これから紹介する3つに集約されます。知識としっかりとした仕組みがあれば、不労収入を得ることは可能です。

お金に働いてもらう(資産運用)
1つ目が資産運用でお金に働いてもらう方法です。株式投資やFXなどさまざまな金融商品でお金を運用します。例えば株式投資なら、売買益を得る以外にも、保有し続けて配当金を得る方法もあります。ビジネスパーソンにとって経済的自由を得るための一番身近な方法といえるでしょう。

他人に働いてもらう(会社のオーナー)
2つ目はお金ではなく他人に働いてもらう方法です。会社のオーナーになって従業員に働いてもらいます。かといって、会社を立ち上げて従業員に給料を払い、なおかつ自分が生活できるほどの利益を上げるのは、ビジネスのノウハウなく簡単にできるものではありません。

しかし、コンビニや飲食店に代表されるフランチャイズを利用すれば、本部からノウハウを提供してもらえるので比較的着手しやすい方法です。

権利収入
3つ目は権利収入を得る方法です。公的年金は権利収入に該当しますが、年金受給開始年齢に達するなど、受給権を満たさなければ年金はもらえません。20代で権利収入を得るには、書籍や作詞、作曲などの印税や、特許権や商標権でロイヤルティーを得るなどの方法が考えられます。ただし、これらは高いスキルや時間がかかり、あまり現実的ではありません。

不動産投資が安定してかつ始めやすい

これらの3つを兼ね備えた方法といえるのが不動産投資です。マンションなどの不動産物件を所有してオーナーになる方法で、借家人がいる限り継続的に家賃が入ります。株式などの金融資産とは異なり、賃貸契約に変更がない限り、収入額が安定しています。一般的に賃貸借契約は2年で、入居者が契約更新すればさらに2年と、比較的長い借り手ができるのも安心です。

当然ながら、借りてもらうためには立地、環境、利便性、賃料など借り手のニーズに合う物件であることが必要です。

経済的自由のために始めやすい不動産投資ですが、貯金がなくて物件を買えないという人はローンを組む方法もあります。

マイホームローンとは異なり、給与収入の額よりも賃貸事業の採算性や可能性が大切で、エリア、物件種別、利回り、管理運営などあらゆる面から事業収支計画内容の審査があります。

物件選びには目が利いても、事業収支計画をつくるのが難しいという場合は信頼の置けるパートナーとなる業者に相談するのが賢明でしょう。しっかりと情報収集し、経済的自由を得るために今から行動に移しましょう。

【eBook無料プレゼント】20代で始めるお金の運用術

目次

 

1. お金に働いてもらう発想をもとう
2. お金の運用手段とメリット/デメリット
(FX、株、投資信託、不動産投資)
3. 不動産投資の基礎知識
4. 不動産投資 成功のポイント
5. 20代不動産投資家の体験談



【オススメ記事】
老後に1億円必要って本当? 生活に必要な額をためる方法
30代既婚者は語る。20代、結婚前に資産運用をはじめるべき理由
知っておこう!結婚後にかかる費用アレコレと対策
不動産投資は「節税」になる! お金持ちほど不動産投資をするこれだけの理由
不動産投資って年金の代わりになるって聞くけど、どういう意味??